滑舌を良くしたい、そんな方へ滑舌練習の方法をお伝えしたいと思います。

  • 歌を歌う
    好きな歌を心を込めて歌う。気持ちが入りやすいものやテンションが上がるものがオススメです。
    カラオケでも一曲目は調子がいまいちだったけど、2曲目、3曲目と歌を歌う度に声が出やすくなるのを感じたことがありませんか?
    あの感覚です!
  • 割り箸を口で挟んで「あいうえお」「いうえおあ」「うえおあい」「えおあいう」「おあいうえ」
    これをあ行〜ヤ行まで繰り返す
  • 腹式呼吸を心がける
    腹式呼吸をマスターするには練習が必要です。呼吸が深くなり、喉もリラックスして開きが良くなり安定した声が出せるようになります。
    初心者の方は腹式呼吸の練習をうつ伏せで行うとやりやすいですよ。

    ・うつ伏せになって横腹の場所に軽く手を置いてください。
    ・腹式呼吸を行い、背中の横腹が膨らんでいるか確認してください。
    ・きちんと膨らみを感じたらOK。できているサインです。

    うつ伏せで行うことで胸が圧迫され、「胸式呼吸」ではなく「腹式呼吸」を体で感じてコツが掴みやすくなります。
  • あいうえおの「母音」だけで話す「母音法」
    一つ一つの母音をしっかり意識して声を出すために、言葉を母音に変化させて読む方法です。

    例えば「おはようございます」→母音だけで発声すると「おあおうおあいあう」となりますよね。
    この方法で数行の文を繰り返し読みます。喉の開きがよくなりますよ!
  • 早口言葉を言う
    アナウンサーや声優、ナレーターなど早口言葉を噛まずに言えるイメージがありませんか?
    滑舌を良くするために早口言葉の練習があります。
    大切なのは早く読めるように意識するよりも、一つ一つの言葉がクリアに聞こえるように意識すること。
    慣れたらスピードアップしてみてください。
  • 滑舌グッズを活用する
    最近は色んな喉の開きをよくするグッズが出ていますね。
    私が最近練習で使っているのは「VOICE MAKE」という口の奥歯で噛みながら発声するというものです。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ヴォイス メイク(VOICE MAKE) 白
価格:2613円(税込、送料無料) (2021/3/29時点)


 宅録でナレーション収録をしているので、オーディション用の音声を朝早くに提出することもあります。奥歯で噛みながら声を出すので、喉の開きや声の通りをよくなります。割り箸を使う方法でも効果はあります。他の方のオススメグッズも知りたいですね。

  もうすぐ新年度になりますね。新生活を無理せず笑顔で始めてくださいね。
  参考になれば幸いです。