宅録って何?

 自粛生活も長引き、在宅ワークやリモートワークに注目が出てきましたね。先日も情報番組で自宅で稼げる副業に「宅録ナレーション」の特集が組まれていました。

 そもそも「宅録」って何?と思われた方へ。宅録は「自宅で録音する」ことの略称です。自宅で録音することを意味するので、ナレーションに限らず、音楽も含まれます。

必要な機材は?

宅録には必要なものは

①マイク
②モニターヘッドフォン 
③ポップガード(息が吹きかかるのをガードします)
④パソコン
⑤オーディオインターフェース
⑥編集ソフト 
が必要になります。

マイクですが、レコーダータイプであれば①のマイクと②のオーディオインターフェースが一体になっているので、レコーダー1つあれば収録できます。

どんな風に操作するの?

  プロフェッショナル音響機器の販売会社であるTASCAMさんが宅録の仕方についてガイドを制作されています。必要な機材からナレーション収録に42ページにわたってガイドを制作されています。

 とても分かりやすく丁寧に書いてあるので興味のある方はぜひご覧になってください。

 宅録の世界は本当に奥が深いです。

 機材を揃えて、それぞれの操作をマスターしなければいけません。機械の操作が苦手な方はここで挫折してしまう方も多いですし、逆にハマるとどんどん面白くなって色んなマイクやオーディオインターフェー、ソフトに興味が出てきます♪収録環境はクローゼットを使って手作りしている方も多いです。私は宅録ブースの写真を見るが大好きです。
 収録環境を整えることが一番大切と言っても過言ではありません。機材はいくらでも後からグレードアップできますからね。

 またスタジオ収録と違い、自宅で録音した音声は自分で整音しなくてはなりません。
 ナレーションの声が大切なのはもちろんですが、音質も仕事としてご依頼をいただけるかの判断基準になります。

どこから仕事がもらえるの? 

 ナレーションのやり方が分かったら自分のボイスサンプルを作りましょう。
 クラウドソージングサイトを検索してプロフィール登録をしましょう。

 クラウドワークスやランサーズなどが有名ですね。サイト上のプロフィールでは本名やフルネームで登録している方もニックネームの方もいます。
 秘密保持契約といって、〇〇の会社の仕事をしましたと公言できない案件もあるので内容をきちんと確認してくださいね。

 また個人でyoutubeなどの動画サイトを作っている方が動画に合わせてナレーションを入れて欲しいという案件も多いです。
 プロに頼むと高額になるので、プロじゃない方がいいという場合もあります。色んな案件がありますよね!

在宅ナレーターは稼げますか

 稼げるかどうかは人それぞれですが、仕事を頂けるようになるまで時間がかかることも多いです。
 一番の目的が在宅で収入を得ることであれば、短期アルバイトや週1〜3日でアルバイトをした方が早いと思います。
 初期投資で機材を揃えても残念ながら仕事ができるとは保証できないからです。

 声の仕事が好きもしくは興味があるのであれば、好きなことで収入が得られるのは嬉しいですよね。
 好きなことは続きやすいし、トライ&エラーを繰り返してどんどん向上していくと思います。

 声で表現することはとても楽しく、自分の声がどこかの会社や商品に使われていると思うと感激します。
 色々と試しながら可能性を広げていきましょう♪